「ほっ」と。キャンペーン

『時々タイムスリップ』 雨のにおい

放課後の昇降口。
雨の間をくぐり抜けてくるチャイムの音は、あまり響かない。

「この傘使っていいよ」
そう言って傘を貸してくれたのは、同じクラスの中川だった。
紺色の制服の彼女は、傘を渡すと雨の校庭へ消えていった。

あいつ、なんで傘二本持ってんだろ…
その時はそればかり考えていた。

砕けた雨の粉がさらさらと舞い上がり茶色のタイルに積もって、彼女の小さな足跡は外へと続いて。
蛍光灯のような空と、雨のにおい。

次の日、傘を返した僕に「どういたしまして!」
彼女はいつもと変わらず元気。

僕の方はいつもと違って。
彼女のことが少し好きになっていた。


時は今。
西武線の改札を出て、券売機のあるスペース。

雨はいっそう強くなって、飛び出す気もいっそう失せてきた。
しっとり濡れた町と、雨のにおい。

そういえば高校の時、誰か傘を貸してくれたな。

……中川だ


夕暮れの改札。
雨の間をくぐり抜けてくる踏み切りの音は、あまり響かない。



e0071652_1045562.jpg
【去りぎわの夕立】
しかし見事な雨やった。
小降りの街角、傘をさしてシャッターさ。


[PR]
by a-kessay | 2006-05-16 23:02
<< 『時々タイムスリップ』 君の故... 寝ころべば柳シャワー、包むのは世界 >>