皐月の木陰

 緑がやわらかい。
そんな心地よい5月、午後の公園で休んでいた。

 「おーい、レモンティーの鍵もって来て!」

 遠くから聞き慣れない言葉が飛び込んできた。

 レモンティーの鍵…?

 キラキラ黄色い光りの中でクルクルと回る、アンティークな鍵が頭に浮かんだ。
おいおいそんな素敵な鍵でいったい何を開けようというんだ。

 声のする方を見てみた。
どうやら、自動販売機スタッフが飲み物を補給しているようだ。
先輩と新人といった2人が動いていた。
やがて開かれた自販機からガチャコン、ガチャコンと飲み物を落とし込む音が聞こえ始めた。

 レモンティーの鍵か…


 「バカ!これはミルクティーの鍵だろ、黄色いタグのやつだよ。
急いで持って来い!」

 はぁ、はぁ、、
 「これっすか?」

 「バカ!これはデカビタの鍵だ。
黄色くても泡のマーク(炭酸)が入ってるだろう。」

 「もー、先輩が行ってきて下さいよ」

 「ったく、最近の若いもんは」

 なんてね。


 僕は『さくらんぼティー』を飲んだ。
レモンティーが飲みたくなって自販機へ行ったのだけど、一緒に並んでいたさくらんぼティーのボタンを押してしまった。

 5月のベンチは、木漏れ日がたくさん降り注いで気持ちがいい。
季節が進みやがて葉が生い茂ってくると、すっかり日陰になってしまうしね。
その時期その時期のよさを満喫するのだ。

 風が吹くと地面の木漏れ日は、さざ波の様に揺れた。



f0168351_2165044.jpg
【心地よい午後】


f0168351_2165374.jpg
【バラの季節】
[PR]
by a-kessay | 2010-05-13 06:46
角を曲がってバスが来る(エピソ... >>